卓球用品の輸入方法

2021年(2020年)東京オリンピックでは、男女混合ダブルスの金メダルを皮切りに、女子シングルス銅、女子団体の銀、男子団体の銅と、4つのメダルを獲得した卓球の日本代表。

男子団体ではドイツの40代選手が30代の水谷選手を下すなど、さまざまな年齢の人が一緒にプレーできるところも魅力です。

また野球のように広いスペースは必要ないし、天候に左右されることもない。

ゴルフのようにたくさんのクラブを揃えなくても、卓球はラケット1本あればいい。

そんな気軽に始められる卓球がブームになっています。

ここでは「卓球用品」の輸入について解説していきます。

 1.商材 

卓球用品は多岐にわたりますが、ここでは以下の商材について解説します。

  1. ボール
  2. ラケット
  3. ウェア:ポリエステル100%のユニフォームが主流です。
  4. ソックス
  5. シューズ
  6. 収納バッグ

 2.輸入通関に必要な書類 

輸入通関に必要な書類は下記のとおりです。

  • 商品カタログや写真(材質などがわかる資料)
    ※④シューズは特に「甲」「底」それぞれの材質の記載が必要です。
  • インボイス・パッキングリスト:輸出者が作成
  • AIR WAYBILL(AWB):航空の場合。現地フォワダーが発行
  • SEA WAYBILL:海上の場合。現地フォワダーが発行
  • ARRIVAL NOTICE:海上の場合。船到着直前に日本の船会社が発行

 3.輸入通関「税関申告」 

✍HSコード及び関税 ※2021年4月

❏1.ボール:9506.40-000

  • 基本:FREE

❏2.ラケット:9506.40-000

  • 基本:FREE

❏3-1.ウェア(女性用合成繊維の場合):6106.20-010

  • 基本:10.9%
  • WTO協定:10.9%
  • 特恵GSP:FREE
  • EPA:FREE

❏3-2.ウェア・パンツ(女性用合成繊維の場合):6104.63-000

  • 基本:10.9%
  • WTO協定:10.9%
  • 特恵GSP:FREE
  • EPA:FREE

❏3-3.ウェア(男性用合成繊維の場合):6105.20-000

  • 基本:10.9%
  • WTO協定:10.9%
  • 特恵GSP:FREE
  • EPA:FREE

❏3-2.ウェア・パンツ(男性用合成繊維の場合):6103.43-000

  • 基本:10.9%
  • WTO協定:10.9%
  • 特恵GSP:FREE
  • EPA:FREE

❏4-1.ソックス(合成繊維の場合):6115.96-000

  • 基本:8%
  • WTO協定:6.6%
  • 特恵GSP:FREE
  • EPA:FREE

❏5.シューズ(本底及び甲がゴム製又はプラスチック製):6402.19-000

  • 基本:6.7%
  • EPA:シンガポール・ブルネイ・インド・モンゴル:非適用
       豪州:1.8%
       TPP11:4.2%
       EU・英国:4.3%
       その他のEPA適用国:FREE

❏6.収納バッグ(外面がプラスチックシート製又は紡織用繊維製):4202.92-000

  • 基本:10%
  • WTO協定:8%
  • 特恵GSP:FREE
  • EPA:シンガポール・ブルネイ・ペルー・モンゴル:非適用
       豪州:2.2%
       TPP11:5%
       EU・英国:5.1%
       その他のEPA適用国:FREE

✍輸入申告

『2.輸入申告に必要な書類』をもとに輸入申告書を作成し、必要書類を添付して税関に申告します。

審査が終了し輸入関税・消費税を納税すると輸入許可となり貨物を引き取ることができます。

 4.まとめ 

卓球用品は上記だけに限らず、多岐にわたります。

材質によって関税率が変わる場合がありますので、輸入をご検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご相談ください。

 お問い合わせはこちら 

些細なことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください。